車をいずれ買い替える予定で購入するときはリセールバリューが大切

新車を購入するときには、最終的にその車をどうしたいかによって、車種の選び方が変わってきます。

基本的には乗り潰すつもりで、10年以上その車に乗る予定であれば、あまりリセールバリューについては考える必要はないといえます。

しかし、3年とか5年のサイクルで次々と車を買い替える予定の人は、リセールバリューをしっかりと考慮したうえで車種選びをしないと、とても効率が悪いことになります。

最近では、ミニバンなどの人気が高い一方で、セダンはあまり人気がありません

新車のときに同じ300万円で購入した車であっても、5年後の下取りのときには、ミニバンであれば150万円の査定がついたりするのに対して、セダンだと100万円程度になってしまうこともあり得ます。

下取りを150万円でしてくれるミニバンであれば、新たに300万円の新車に買い替えるときに、150万円を頭金にして、残金の150万円だけローンを組めばいいことになります。

ところが、下取り額100万円のセダンの場合には、頭金に回せるのは100万円だけになり、200万円のローンを組むことになります。

150万円を金利5%で5年ローンを組んだ場合、月々の支払いは28,307円となります。

それに対して、同じ条件で200万円のローンを組むと、月々の支払いは37,742円となります。

同じ300万円の車なのに、5年後に乗り換えた場合には、新しい車のローンの支払い額に月々1万円近い差が生じてしまうわけです。

一般的な家庭において、月々の支払いに1万円近くの差が生じるというのは、かなり大きな額といえます。

こういったことを単純に経済的な面から考えてみますと、車を数年後に買い替えるつもりで購入するならば、ミニバンなどの人気車種を買うべきだといえます。

逆に、10年以上乗るつもりであれば、特に車種にこだわる必要はなく、自分が飽きずに長く乗れそうな車種をえらべばいいことになります。

リセールバリューで意外に高いのが、軽自動車ですね。

省燃費で維持費が安いという点が人気の秘密になっているようですが、実際に軽自動車のオーナーさんによると、思ったほど燃費は良くないという意見もあるようです。

参考記事:タントXで高速を走ったら一般道よりも燃費が悪くなった!?

また、リセールバリューは車種だけではなく、メーカーの違いによっても大きいといわれています。

やはり、リセールバリューが高いのは、なんといってもトヨタです。

プリウスやアクアといった人気車種が多いということもありますが、やはりトヨタブランドは別格といえます。

その一方で、リセールバリューが悪いといわれているのがマツダです。

個性的な車が多いマツダですが、いざ車を売るときにはちょっと分が悪いようです。

車を売る予定の人は出張買取専門の詐欺業者にご用心

大きな街にいくと、いまやどこにでも見かける車の買取専門店ですが、地方ではまったくみかけない地域もあるようです。

そういった車の買取専門店がない地域において、いま乗っている車を処分する手段は、下取りしかありません。

しかし、車の査定額というのは、業者によって大きく変わってきます。

もし、下取りしか選択肢がないということになれば、業者の言い値で車を手放さなければならなくなります。

そういった状況の人が、なんとかもう1社だけでも査定を受けて見たいものだと考えるのは当然です。

そこに目をつけたのが、車の出張買取詐欺です。

近くに車買取りの専門店がなかったとしても、わざわざ自宅まで出張査定にきてくれて、査定額に納得がいけばその場で買取までしてくれるというものです。

たとえば、100万円で売りたいと思っている車があるとします。

ディーラーでの査定は80万円だったので、別の会社にも査定を受けたいと思っているところに、インターネットで無料出張査定などと書かれたホームページを見つけます。

ホームページからの申し込みにより出張でやってきたその業者に「いま決めてくれれ120万円で買い取らせていただきます」などと言われたら、誰でも売る気モード満々になってしまうことでしょう。

しかし、そこで安易に車を売却することを決めてはいけません

なぜなら、正式な契約をして車を売却したにもかかわらず、数日後にお金を振り込む約束をして車を持ち帰った業者とは、そのあと一切連絡が取れなくなってしまうこともあるからです。

まさか、と思うかも知れませんが、詐欺師というのは非常に巧妙なのです。

ホームページもしっかりと作りこまれており、営業マンの対応も非常によく、どう考えても詐欺師には見えません。

多くの人は、連絡が一切取れなくなって初めて詐欺にあったと気がつくのです。

申し込みをしたときのホームページも、いつのまにかアクセスができなくなっていたりします

しっかりと店舗を構えている買取専門店であれば、そういった詐欺的なことをすることはまずありません。

しかし、店舗を持たずに、ホームページのみで出張買取専門を行っている業者に、先に車を渡してしまうというのは、本当にリスクが高いと考えるべきです。

彼らは、ホームページを立ち上げては閉鎖するということを繰り返し、ネット上でつねに新しいカモを探しているのです。

もちろん、出張査定専門の業者がすべて詐欺的な会社というわけではありませんが、どうしても出張査定を依頼するのであれば、最低でも店舗を構えて営業をしている業者を選ぶとうのは絶対条件といえるでしょう。