車の査定はどこでも無料で行ってくれると思ったら間違いです

新たに車を買うときには、これまで乗っていた車を下取りに出したり買取り店に売却することになると思います。

ディーラーや買取り専門店では、実際にそのクルマを引き取るにあったって査定をして、買取り金額を決めることになります。

多くの人はこの「査定」という作業が無料であると思っていることでしょう。

査定のときには実際に車をチェックしたりする手間暇がかかっているはずなのに、無料で行ってくれることに疑問を抱く人はほとんどいません。

車買取店にとっては、車を売りたいという人を一人でも多く店に呼び込みたいために、あえて手間暇がかかっている査定を無料にして間口を広げているわけです。

しかし、この無料で査定を行ってくれるという考え方は、ディーラーの場合には通用しません。

実際に、多くのディーラーでは査定料を徴収します。

ディーラーに下取りに出した場合は、新車の見積もりの中に下取り車の項目も含まれてしまっているために、あまり気にかける人がいないと思いますが、一度じっくりと確認してみて下さい。

査定料や下取り車諸費用といった項目があると思います。

査定料というのは、そのものズバリ査定をするための手間賃です。

下取り車諸費用というのは、車の名義変更などをするための費用ということになります。

この下取り車諸費用も、車買取店であれば一般的には店側が負担してくれます。

なぜならば、車の名義変更の手続きは車を買った側が行うのが常識だからです。

そういった意味では、ディーラーの見積もりに記載されている下取り車諸費用という項目は常識的に考えておかしいということになります。

このように、ディーラーでは買取り専門店では無料で行ってくれるのが当然の査定や名義変更手続きなどを、しっかりと請求してきます。

ディーラーの場合には、買取り専門店のように「無料」であることをアピールしてお客を呼び込まなくても、新車を購入する予定のお客が次々にやってくるので、強気に請求をしてくるのでしょう。

もし、あなたのクルマを買取り店に持ち込んだときの査定額とディーラーの下取り価格が同じだった場合には、査定料や下取り車諸費用がかからない分、買取り専門店に売却したほうが数万円お得になるということがいえるわけです。