一般の買取り専門店で外車が思ったほど高く売れない理由

新車のときには、一般庶民ではなかなか手が出せないほど高額なベンツやBMWといった外車ですが、買取専門店に持ち込むと想像以上に低い査定額が提示されることが多いようです。

なぜ、一般の買取店では外車を高く買取ることができないのでしょうか?

まず一番目の理由として、中古車に占める外車の絶対数が少ないために、どこの業者も過去のデータがあまりありません。

そのため、買取りをした車がそれ以上の値段で売れるのかどうかの確信が持てないわけです。

万が一売れずに在庫になってしまったり、相場が買取り価格よりも低かったりするのは業者としても死活問題になります。

その結果、売主にしてみれば想定外の安い買取り価格が提示されることになるわけです。

また、一般の中古車販売店を訪問するお客様の多くは、国産車を探しにくることが多いために、外車を展示していてもあまり注目されません。

つまり、なかなか売れにくいということになるわけです。

展示していてもなかなか買い手が見つかりにくい外車を、高く買取りするというのは、業者としてもリスクが高いということになります。

それ以外にも、店員さん自体に外車の知識がなかったり、国産車のように容易にメンテナンスができないといった点も、外車の中古車相場を下げる原因の一つとしてあげることができます。

このようなさまざまな理由から、外車を一般の買取り店に持ち込むというのは得策ではないということが言えるわけです。

少しでも外車を高く売りたいと思うのならば、中古の外車を専門に扱っているお店に持ち込むのが一番です。

外車の専門店であれば、つねに外車を扱っているわけですから、相場に関するデータも豊富です。

当然ながら店員さんも外車に詳しく、確信を持って正しい査定を行うことができます。

また、外車専門店の場合は、一般の中古車販売店とは異なり、お店を訪問するお客様の目的は外車のみです。

つまり、外車を購入する目的以外の人がお店に来ることはないのです。

一般の中古車販売店で外車があまり見向きもされないのとは、この点が大きく異なります。

最初から外車が目的のお客様であれば、値段的に多少高くても売れる可能性が高くなります。

このようなさまざま理由から、外車を売るときには一般の買取店ではなく、専門店に持ち込んだほうが圧倒的に高く売ることができると言えるのです。