一括査定見積もりは必ずしもいいことばかりではありません

車を売却するときには、1社でも多くの会社を比較したほうが買取価格は高くなるので、簡単に複数の買取り業者に査定を受けることのできる一括査定サイトが人気になっています。

確かに、これから売却予定のクルマを、5店舗も6店舗もの買取店を訪問して査定をしてもらうというのは大変なことでしょう。

そもそも地方などでは、自分の住んでいる地域で車の査定をしてくるお店を、5店舗も6店舗も探すこと自体が困難だといえるでしょう。

そういった意味では、パソコンやスマホから簡単な項目を入力するだけで、複数の買取り店から査定額の提示を受けることのできる一括査定サイトというのは便利であるといえます。

一括査定サイトに登録している業者に、実際の車を直接見てもらう場合でも、店舗のあるところまで車を持って行く必要はなく、ほとんどの業者が無料で出張査定をしてくれます

そして、売却する業者が決まったあとは、車を引き取りに来てくれますので、家から一歩もでることなく、査定額の比較から売却までを完結させることができるわけです。

そのように、たいへん便利な車の一括査定サイトではありますが、デメリットもあります。

それは、申し込みをした直後から各業者からの電話攻撃が始まるということです。

一括査定サイトに提携している業者は、お客様を1人紹介してもらうごとに、手数料を支払う仕組みになっています。

しかし、せっかく手数料を支払って紹介してもらっても、自社に車を売ってもらわなければ、支払った手数料が無駄になってしまうわけです。

1度や2度ならまだしも、5回も6回も続けて他社にお客様を取られてしまったということになれば、その担当者は上司からかなりきついお灸をすえられることでしょう。

そのため、彼らはどこの会社よりも先にお客様にアポイントを取ろうして、一括査定サイトからの申し込みが完了した瞬間に、我先にと電話をかけることになるのです。

ネットでの申し込みだからと気軽に申し込みをしたお客様は、いきなりの電話攻撃にびっくりすることになります。

それが、昼間ならばまだしも、夜中であってもガンガン電話がかかってくることになるので、ある意味ではいい迷惑です。

しかし、一括査定サイトを利用することで、車の売却額が数十万円も高くなることがあるのもまぎれもない事実なので、電話攻撃を受けても大丈夫なように、あらかじめ覚悟を決めたうえで、時間を選んでから申し込みをするといいでしょう。