車を売るときに悪徳業者に自動車税をごまかされないようにしよう

車を所有している人のところには、春になると必ずやってくるもがあります。

それは春一番でも杉の花粉でもありません。

やって来るのは、誰もが待ち望んでいない自動車税の納付通知書です。

その年の4月の時点で車を持っている人のところに、必ず送られてくる決まりになっています。

自動車税というのは、1年分を一括で納めることになりますので、その年度の途中で車を廃車にしたり売却をした場合には、払いすぎた分を返してもらう必要があります

たとえば、9月末に車を売却したとすると、あなたが納めるべき自動車税は、4月~9月までの分ということになり、10月から翌年の3月までの分は、次のオーナーが負担をすべきものであるといえます。

そのため車の買取店では、その残りの分の自動車税を査定額に上乗せして買取価格を提示することになります。

しかし、あまり車に詳しくない人は、自動車税が戻ってくるなどということを知りませんから、悪質な買取業者がそれをうやむやにしてしまうわけです。

半年分の自動車税といえば、1500cc~2000ccクラスの車で、39,500円÷2=19,750円となります。

これが、3000cc~3500ccクラスの車となると、58,000円÷2=29,000円となります。

3万円近くの金額をちょろまかされるわけですから、馬鹿になりません。

これが、自動車税を払ったばかりの6月などに車を売った場合だと、まるまるほぼ1年分の自動車税が払い損となってしまうわけです。

悪質な中古車販売店は、あなたに自動車税を返さないだけでなはなく、その車を購入する新しいオーナーからもしっかりと自動車税分として諸経費に上乗せして請求します。

その結果、あなたに返さなかった分と新しいオーナーから受け取った分の自動車税で、2重に儲けてしまうわけです。

車の税金に関して無知な素人から税金の名目でお金をだまし取るわけですから、本当に悪質です。

もしあなたが車を売却するときには、査定額に自動車税の分がしっかりと上乗せされていることを必ず確認するようにしてください。

業者がその点をうやむやにしてごまかそうとするようであれば、その業者に車を売るのはやめたほうが無難であるといえます。