新車の値引き額と下取り価格のバランスを考えるディーラー

車の買取専門店の場合には、仕入れた車をオートオークションに持ち込んで、買取価格よりも高く落札させなければ利益を出すことができません。

そのため、買取専門店では相場を逸脱したような査定額を提示するとうことは、基本的には不可能です。

しかし、ディーラーの場合には事情が異なってきます。

なぜなら、ディーラーの場合には、あくまでメインになるのは新車を売ることだからです。

仮に下取り車で利益を出すことができなかったとしも、新車で利益を出すことが出来れば、ディーラーにとっては問題ないことになります。

そのためディーラーでは、下取り車を、新車を売るための手段として活用することが少なくありません。

つまり、下取り車の査定額を隠れ蓑にして、新車を売ろうとすることがあるのです。

たとえば、下取り車の相場が100万円だったとします。

そして、購入予定の新車の値段が300万円だとします。

この条件で、ディーラーが下取り車の査定額として80万円を提示し、新車の値引き額を20万円とした場合、新車を定価で売ったのと同じことになります。

下取り車を相場よりも20万円安く引き取り、新車の値引き額もおなじ20万円なわけですから、差し引きゼロなわけです。

ここでお客様が買おうかどうか迷っているときに、ディーラーの営業マンから殺し文句が出てくるわけです。

「分かりました!それでは、新車の値引きをあと10万円上乗せしましょう。それで決めていだけますか?」

しかし、よく考えてみてください。

10万円の値引きを上乗せすると、見かけ上は新車の値引き額が30万円ということになりますが、下取り車を相場よりも20万円安く査定していますので、新車の値引き額は実質10万円ということになります。

300万円の車に対して、10万円程度の値引きはディーラーにとっては痛くもかゆくもないはずです。

車の買取相場にあまり詳しくない人は、このようにしてディーラーの営業マンにまんまとやられてしまうわけです。

そして、何も知らないそのお客様は友人に得意げに自慢するかも知れません。

「俺の交渉がうまかったから、あそこのディーラーの営業マンが30万円も負けてくれたよ、わははは...」

なんともおめでたい話ですが、本当に心から喜んでいるのは、新車を売ることでがっぽりと儲けることができた営業マンだったりするわけです。

まさに、知らぬが仏といったところでしょうか。