車をいずれ買い替える予定で購入するときはリセールバリューが大切

新車を購入するときには、最終的にその車をどうしたいかによって、車種の選び方が変わってきます。

基本的には乗り潰すつもりで、10年以上その車に乗る予定であれば、あまりリセールバリューについては考える必要はないといえます。

しかし、3年とか5年のサイクルで次々と車を買い替える予定の人は、リセールバリューをしっかりと考慮したうえで車種選びをしないと、とても効率が悪いことになります。

最近では、ミニバンなどの人気が高い一方で、セダンはあまり人気がありません

新車のときに同じ300万円で購入した車であっても、5年後の下取りのときには、ミニバンであれば150万円の査定がついたりするのに対して、セダンだと100万円程度になってしまうこともあり得ます。

下取りを150万円でしてくれるミニバンであれば、新たに300万円の新車に買い替えるときに、150万円を頭金にして、残金の150万円だけローンを組めばいいことになります。

ところが、下取り額100万円のセダンの場合には、頭金に回せるのは100万円だけになり、200万円のローンを組むことになります。

150万円を金利5%で5年ローンを組んだ場合、月々の支払いは28,307円となります。

それに対して、同じ条件で200万円のローンを組むと、月々の支払いは37,742円となります。

同じ300万円の車なのに、5年後に乗り換えた場合には、新しい車のローンの支払い額に月々1万円近い差が生じてしまうわけです。

一般的な家庭において、月々の支払いに1万円近くの差が生じるというのは、かなり大きな額といえます。

こういったことを単純に経済的な面から考えてみますと、車を数年後に買い替えるつもりで購入するならば、ミニバンなどの人気車種を買うべきだといえます。

逆に、10年以上乗るつもりであれば、特に車種にこだわる必要はなく、自分が飽きずに長く乗れそうな車種をえらべばいいことになります。

リセールバリューで意外に高いのが、軽自動車ですね。

省燃費で維持費が安いという点が人気の秘密になっているようですが、実際に軽自動車のオーナーさんによると、思ったほど燃費は良くないという意見もあるようです。

参考記事:タントXで高速を走ったら一般道よりも燃費が悪くなった!?

また、リセールバリューは車種だけではなく、メーカーの違いによっても大きいといわれています。

やはり、リセールバリューが高いのは、なんといってもトヨタです。

プリウスやアクアといった人気車種が多いということもありますが、やはりトヨタブランドは別格といえます。

その一方で、リセールバリューが悪いといわれているのがマツダです。

個性的な車が多いマツダですが、いざ車を売るときにはちょっと分が悪いようです。